ビーアップの正しい飲み方は3つのポイント!

飲み方

 

ビーアップは

 

  1. 1日2粒
  2. 水かお湯で飲む
  3. 空腹時か寝る前に飲む

 

この3つが飲み方のポイントです。

 

1日2粒

ビーアップのHPにもパッケージにも書いてありますが、1日2粒が目安になります。
2粒が副作用を出さずにバストアップ効果を最大限に引き出す上限となるのです。

 

そのため、早く効果を実感したいからと3粒以上飲んだら副作用が出てしまう可能性があります。

 

副作用は体調不良になったり、肌が荒れたり、生理が止まったりなど、ホルモンバランスにかかわるもので、副作用が起きるとビーアップを飲むことができなくなります。

 

必ず目安は守るようにしましょうね。

 

生理中などのホルモンバランスが乱れやすい時期や体調不良の時は1粒だけ飲むか、飲むのを中止しましょう。

 

水かお湯で飲む

 

ビーアップは水かお湯で飲むのが、基本です。

 

お茶やジュースで飲む方も一部いるようですが、お茶やジュースに含まれた栄養分がビーアップの成分を邪魔してしまいうまくバストアップすることができない可能性があるのです。
副作用が出たという方に実際に聞いてみたのですが、薬を水で飲めないからジュースで飲んでいたと言っていました。
その方は用量は守っていたそうなので、副作用の原因がジュースで飲んでいたという可能性が高いのではないかと感じました。

 

最もNGなのがお酒。

 

ビーアップを飲むと女性ホルモンが増えるのですが、女性ホルモンにはアルコールを分解する働きを抑える作用があるので、お酒を飲むとアルコールが分解されずに二日酔いになったり、悪酔いしたり、肝臓に負担がかかります。

 

お酒は絶対にやめましょうね。

 

 

空腹時か寝る前に飲む

 

ビーアップはいつ飲んでもある程度効果の期待できるバストアップサプリと言われています。

 

ただ、実は空腹時か寝る前に飲むことでバストアップしやすくなったという人がとても多いようです。

 

・空腹時
お腹がすいている時は、栄養を吸収しやすくなります。
そのため、食事前に飲むことで、ビーアップの成分を効率的に吸収することができるようです。

 

ただ、胃腸が悪い方は空腹時に飲むと、お腹を壊す可能性があるので、そういう方は食後に飲んだほうが良いと思います。

 

・寝る前
人は夜寝ている間に疲労回復や肌を再生させるためにホルモンの分泌を活性化させます。
夜しっかり寝ている人が元気で肌がきれいなのはそういうことだと思います。
特に22時から2時までの間はホルモンの分泌が最も活発なので、0時までに寝ることで、質の良い睡眠を摂ることができます。

 

寝る前にビーアップを飲むことで、ホルモン分泌をもっと良くしてバストアップがしやすくなります。

 

この3つのポイントを守ることで、副作用を出さずに効率的にバストアップすることができます。
ぜひ実践してみてくださいね。

 

↓3つのポイントでバストアップ↓